Xiuyin


フォニックス 【英語】  


一覧へ戻る

2011年12月17日 更新:2012年8月27日
フォニックス(Phonics)は英語圏の子供の読み書きの学習方法の一つで、英語の発音とスペル(つづり)の規則性をルール化したものです。
フォニックス(Phonics)学習の目的は発音(音声)とスペル(つづり)の変換ができるようになることです。

つまり「スペルを見ると発音がわかる、発音を聞くとスペルがわかる。」ようになるのが目的です。

フォニックス ルールにあてはまらない発音もありますが、それでも、アメリカやイギリスではフォニックスを学習する学校は多いようです。

(フォニックス(Phonics)学習の本来の目的は発音(音声)とスペル(つづり)の変換ができるようになることですが、『修音英語』ではフォニックス(Phonics)ルールの発音を「英語の発音パターン」として聞き取るトレーニングを行います。)

フォニックスサンプル動画(子供用):

A phonics song to help children learn the letter sounds.


修音英語で使用しているフォニックス ルールは次の通りです。


英語発音表(発音記号+音声+フォニックス スペル) - 子音(単音)編


英語発音表(発音記号+音声+フォニックス スペル) - 子音(混合音)編


英語発音表(発音記号+音声+フォニックス スペル) - 母音編


◆フォニックス(Phonics)関連サイト◆

フォニックス - Wikipedia
フォニックス(英: Phonics)は、英単語の発音を学ぶ方法のひとつである。英語圏では子供に読み方を教えるための教育方法として用いられている。フォニックスでは例えば「発音 /k/ は c, k, ck のどれかで書かれる」のように、ある発音がどの文字群と結び付いているかを学び、それらの文字の発音を組み合わせて知らない単語の正しい発音を組み立てる方法を学ぶことができる。

英語の文字と音のルール、フォニックスとは
英語教室でよく耳にするこの言葉。英語教育の用語です。フォニックスとは難しく言えば【音声学】。簡単に言えば【音と文字の関係の規則性】。フォニックスを学ぶことで「英語が読める・英語が書ける」という技能が身に付くのです。

The National Right to Read Foundation
英語ですが、フォニックス関連のダウンロードできる資料もあります。


◇フォニックス関連ブログ◇

アメリカの暮らしとビジネス(笹栗実根) − 小学校の英語にフォニックスを!
元記者&キャスターのアメリカからの発信!

イギリスの学校 − フォニックス
子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう〜。

英会話独学術
フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく!


◇フォニックス関連書籍・ソフト◇



フォニックス(Phonics)学習の本来の目的は発音(音声)とスペル(つづり)の変換ができるようになることですが、『修音英語』ではフォニックス(Phonics)ルールの発音を「英語の発音パターン」として聞き取るトレーニングを行います。

『修音英語』今すぐ無料でダウンロード・試用できます。先ずは試用して「発音の聞き取りが難しいこと」「発音の聞き取りがトレーニングで上達すること」を実感してみてください。
(無料での試用時には機能制限があります。販売価格は1,980円です。)

英語発音上達ソフト『修音英語』のダウンロード


関連ヒント:

大人になると母国語にない発音は聞こえない!?  

ZH 発音 r 発音 where発音 a 発音 鼻音(…n , …ng) f v th 発音

45秒でできる英語リスニング テスト



一覧へ戻る


中国語発音 英語発音